緊急事態宣言延長発表

安倍首相は4日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、5月6日までとしていた緊急事態宣言を全都道府県を対象に5月31日まで延長すると正式表明しました。新規感染者数は減少傾向にあるものの十分ではなく、医療体制のひっ迫に配慮する必要があると判断しました。もっとも感染者数の少ない地域は一部規制を緩和するほか、14日にも専門家に状況を評価してもらい、可能と判断すれば地域によって早期解除も検討するそうです。

ただ、感染状況は東京・大阪など大都市圏と、地方で大きな隔たりがあるため、7日以降は、東京・大阪・北海道など感染者の多い13の「特定警戒都道府県」とその他の34県で対応を分けます。

 これに伴い都内の飲食関係者、自主規制対象業種の皆さんは1か月延長されることになり更なる打撃であります。都議会自民党は東京都に対して対象業種だけではなく他の業種業態にも協力金を支給すべきと、再々訴えて参りました。今後も都議会自民党は都民の目線で強い要請を行って参ります。


緊急事態措置期間の自主休業給付金についての申入れ

東京都は理美容店の自主休業について給付金支給対象施設にするとして4月28日に急遽発表されましたが、理容・美容と同じく感染拡大防止に向けた自主休業施設は多くあります。都議会自民党は、   

  • 歯科や柔道整復師等の医療関係施設
  • 衣料品店や雑貨店などの生活必需物資販売施設
  • 飲食・喫茶・和洋菓子店などの食事提供施設
  • 旅館・ホテル等の宿泊施設

これらの事業に対しても例外なく給付金の対象施設にするよう申し入れを行いました。


新型コロナウイルス感染症に関する都議会自民党の要望について

緊急事態宣言が5月末まで延長される発表がなされました。新型コロナウイルス感染症の影響で大変困っておられる中小企業・個人事業主・各種団体への緊急支援対策を、都議会自民党と致しましても様々な要望を行って参りました。内容につきましては、都議会報告のページにて掲載しております。今後更なる要望を行って参ります。


東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金について

新型コロナウイルス感染症の感染リスクを「いのちを守るSTAY HOME週間」において、徹底的に低減するため、令和2年4月30日から5月6日までの間、自主的に休業する理美容事業者に対し、給付金15万円(2店舗以上有する事業は30万円)を支給致します。受付期間は、5月7日から6月15日(予定)となっています。

連絡先は東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター

03-5388-0567(9時〜19時)


自民党豊島総支部主催「春の集い2020」について

3月25日に予定しておりました「春の集い2020」は、新型コロナウイルス感染症の影響で延期しておりましたが、現状を踏まえ中止と致しましたのでご報告申し上げます。


新型コロナウイルス感染症対策について

東京都医師会から都民の皆様へのお知らせを掲載しましたので、ご参照ください。


新型コロナウイルス感染症に係る緊急支援について

東京都では、新型コロナウイルス感染症ににより影響を受ける事業者の方や働く方を対象に、各種支援策を実施していますので、ご活用ください。※産業労働局ホームページ(特設ページ)


豊島総支部・後援会行事自粛のお知らせ

新型コロナウイルスが猛威を振るっている為、豊島総支部・堀こうどう後援会の行事を自粛しております。何よりも大切なのは人命であり、国・東京都の指示のもと活動して参ります。そして、自身が他の人へ及ぼす影響も十分認識し、行動して参りましょう。


豊島総支部「春の集い2020」は延期となります

令和2年3月25日に開催予定しておりました、自民党豊島総支部「春の集い2020」は、新型コロナウイルスの影響により延期致します。開催日時につきましては、状況により判断して参ります。


自民党豊島総支部・堀宏道事務所移転のお知らせ

下記の通り移転しましたので、お知らせ申し上げます。

【新事務所】
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-35-7-602