7月7日の第2回臨時議会における新型コロナウイルス対策の補正予算編成に向けて、都議会自民党は小池知事に緊急要望を行いました。知事からは、「いただいた要望は補正予算に反映させていきます。医療従事者への支援は大変重要と考えています。」との回答がありました。

  • 1、重篤な感染患者を受け入れている重点医療機関への支援を強化すること
  • 2、感染者の受け入れ患者の受診抑制により著しく診療報酬の激減により経営の悪化している医療機関への都独自の支援策を講じること
  • 3、医療従事者等介護・障害福祉事業所の職員への支援を講じること
  • 4、中小企業の事業継続に向けた家賃支援補助については、国の家賃ん支援給付金に対して、都として、上乗せ支援を講じること
  • 5、商店街、繁華街等の店舗における感染防止ガイドライン遵守及び感染防止ステッカーの掲示の徹底を図ること

知事に提出した要望書は都議会自民党HPに掲載しています。